エンジニアは、収入アップを目指してフリーランスを始めることが多い。能力が高ければ報酬の大きい仕事の依頼を受けることができ、大きな稼ぎを上げられる可能性が高まる。自分の実力を試すためにフリーランスを選び、結果として収入が高くなればそれがいいという考え方を持っている人も少なくない。しかし、収入を重視するより、フリーランスを始める際に肝心なことがある。
それは、フリーランスとなるからには、将来計画を立てたうえで引き受ける仕事を選ぶことだ。フリーランスは将来明確な保証がないことに加え、IT業界の進展が著しいことから、プログラマーやエンジニアとしての魅力を維持していかなければ難しい状況に陥ってしまう可能性があることを肝に命じておく必要がある。
晩年までフリーランスを続けられることは珍しく、仕事の依頼が減ってきた時点で次のキャリアを考えなければならないことも多い。それに備えてキャリア構築をしておくべきであり、計画的に自分の人材としての魅力を高めるために経験を積むことが大切だ。
次のキャリアにつなげられる仕事が何であるかはケースバイケースであり、IT業界の情勢を調べながら適切なものを選ぶ必要がある。収入がやや低い仕事であったとしても、将来につながるものであれば積極的に請け負う姿勢を持つことで、いつまでもIT業界で活躍できるフリーランスになることができるだろう。確かに、生活をしていくうえで仕事で得られる報酬は大切だが、そこにこだわりすぎないことも重要だ。