フリーランスという働き方について、興味本位で憧れの気持ちを抱くという人も少なくない。自由に仕事ができて羨ましいと思う人が多いのかもしれないが、決して甘くない世界であることはいうまでもないだろう。収入についても会社員とは異なり、出来高払いが一般的だ。働けば働くほど稼げるという言い方もできるが、誰もが大きく稼げるというわけではない。
一口にフリーランスといっても、その仕事内容は実に多岐にわたることで知られている。文章の編集やチェック、論点整理などとスキルやレベルによっても、仕事をする範囲はさまざまだ。むろん、仕事としての取り組みになるため、一定以上のレベルでなければならないのも当然だろう。
フリーランスとして活動することのデメリットといえば、収入が一定していない点が挙げられる。契約する企業によっても異なるが、基本的にはその仕事が終わってからの報酬の支払いになるため、通常の会社員のようにある程度の金額が定期的にもらえるとは限らない。仕事にありつけなければ、収入なしということにもなる。
朝の満員電車や長い会議、憂鬱な飲み会などがないという利点も確かにあるが、仕事をきっちりとこなさなければ収入が入ってこないという点は、極めて厳しいといえるのではないだろうか。ネット社会の躍進もあり、フリーランスのプログラマーやエンジニアなどのIT技術者が注目を集めているが、その現実は容易ではないのが現状だろう。